内臓機能 ③呼吸器(肺) | 小顔矯正・骨盤矯正・美容矯正トータルサロン オーシャン|Ocean

内臓機能 ③呼吸器(肺)

こんにちは!ocean菊川のトバです(^^)

 

内臓機能の講座第③弾です✨

 

③呼吸器(肺)

 

とは……

簡単に言うと空気中の酸素を体に取り入れ、いらなくなった二酸化炭素を外に出すはたらきをしています✨

 

鼻や口から吸い込んだ空気は喉頭を通り、気管に入ります。そして、気管が左右の肺の中に繋がっていて、さらに2つに分かれて気管支になります。気管支もさらに細かく分かれて、その先に肺胞という小さな袋がブドウの房のように付いてます🍇

これらの呼吸にかかわる臓器を総称して呼吸器といいます。

 

肺胞は毛細血管が網目のようになっていて、全身を巡った血液は肺胞の袋に二酸化炭素を吐き出し、同時に肺胞の中の酸素が血液の中に取り込まれます。

心臓の時にあった、キレイな血液と汚れた血液の交換は肺で行われてたんですね~🤔

 

タバコが肺に良くないと言われているのは、タバコの煙に含まれるさまざまな有害物質によって、肺や気管支が黒く汚れて炎症をおこし、次第に肺胞の壁が破壊され、酸素と二酸化炭素の交換が出来なくなるからです。

 

喫煙によって、肺がんや”死よりも怖い病気”とも言われている慢性閉塞性肺疾患になるリスクも高まります😱

 

ちなみに、一度壊れた肺胞の壁は元には戻りません‼

 

また、美容にも大きな影響があります。

 

肌のハリが失われ、くすみが目立ち、顔のシワも深くなり、乾燥した唇、白髪、歯や歯茎の変色などにより、実年齢よりも老けて見えてしまいます😭😭

 

 

長期に渡って喫煙している人は、顔を見ただけで喫煙者と分かってしまう程だそうです💦

 

 

美容と健康の為にもタバコは控えた方が良いですね😌

 

投稿者プロフィール

鳥羽静香
鳥羽静香
前職はアパレル業界のパタンナー。女性を美しく見せるという概念では同じ、“美”というものを違う視点から見て、根本的なところに辿り着き、美容矯正を学び始める。 <セラピストのプロフィールを見る>
TOP