そのお悩みは生まれつきじゃないかも!?前肩と連動する筋肉の関係性は? | 小顔矯正・骨盤矯正・美容矯正トータルサロン オーシャン|Ocean

そのお悩みは生まれつきじゃないかも!?前肩と連動する筋肉の関係性は?

こんにちは!美容矯正サロンOceanのトバです!!

 

前回、「正しい姿勢」についてお話ししました。

 

今回はその「姿勢」から一つピックアップしてお話ししますね。

 

 

悩んでいる方も多いと思われます前肩(巻き肩)

本来なら肩というものは180°開いているものにもかかわらず、現代にそんな人はなかなかいませんw

 

みなさん、いつも通り立って下さい。

腕をブラブラ~として肩の力を抜いてください。

 

はい、ストップ!!

 

今手の甲はどこを向いてますか?

前方に向きかけていませんか?

 

もしそうなっている方がいましたら前肩の傾向ありでございます。

 

肩が巻きすぎて脇がしめられないなんて方もいらっしゃるかもしれません。

 

猫背気味な菊さん

 

 

現代社会では、スマートフォンやパソコンが普及していて、ほとんどの方が持ってますよね。

 

電車なんて乗ってみると、みんなスマートフォンを触ってます。

もちろん私もそのうちの一人です。

 

スマートフォンやパソコンをしている時ってどうしても腕が前に出てしまい、もちろん肩も前に出ます。

そうなると背中の筋肉(僧帽筋)が張り、前の胸の筋肉(大胸筋)が縮こまります。

 

そして、斜め下にある画面を見ていると自然と顔が下を向き、顔が前に出てきて、その頭を支える首(成人の頭は5㎏程あるんです!!)がガチガチにこり始めます。

 

 

首が短いとお悩みの方、首の付け根がもっこりしてないですか?

 

それは、僧帽筋が張り出していて、首を短く見せています。

そのもっこりを隠すと首が長く見えますでしょう。

 

それが本来のあるべき姿なのです。

 

 

胸に張りが無くてお悩みの方、ご自身の胸や脇たくさん触ってますか?

 

大胸筋の縮こまりや癒着で硬い胸板を作ってるかもしれません。

胸は痛いから触らないんですという方ほど、ほぐしてあげる必要があります。

 

 

生まれつきだから・・・

と思ってる方も本当は何かしらの原因があるかもしれないので、諦めるのはまだ早いですよ!!

 

長年のお悩み、一緒に解決しましょう!!

 

 

徹底改善コースはこちらから

 

 

投稿者プロフィール

鳥羽静香
鳥羽静香
前職はアパレル業界のパタンナー。女性を美しく見せるという概念では同じ、“美”というものを違う視点から見て、根本的なところに辿り着き、美容矯正を学び始める。 <セラピストのプロフィールを見る>
TOP