内臓機能 ⑥膵臓 ~消化酵素とホルモン分泌~ | 小顔矯正・骨盤矯正・美容矯正トータルサロン オーシャン|Ocean

内臓機能 ⑥膵臓 ~消化酵素とホルモン分泌~

こんにちは!
美容矯正サロンOceanのトバです!

 

内臓機能 第6弾”膵臓(すいぞう)”です。

 

 

膵臓の働きとは…

 

食べ物を消化する膵液を作り、十二指腸に送り出す働きをしています。

 

まず、胃で消化された食べ物が十二指腸にはいると、十二指腸からホルモンが分泌され、その刺激によって膵臓から膵液が送り出されます。

膵液は十二指腸で様々な栄養を分解したり、胃液で酸性になった食べ物を中和します。

 

また、血液中の糖分の量を調節するホルモンを作り、血液の中に出す働きもしています。

 

 

 

膵臓は胃の後ろにあり、長さは20cm程の細長い形をしていて、休んでる時と働いているときで色が変わるそうです。

不思議ですね〜(゚o゚ )

 

しかしこの膵臓は、何かの原因で上手く機能しなくなった時に、膵液に含まれる消化酵素によって膵臓自体が消化されてしまう事があります。

その病名を膵炎といいます。

 

原因としては、アルコールの取り過ぎにより、膵臓に炎症がおきたり、細胞を傷害するのがほとんどで、
次に多いのが胆石が膵管と胆管の間に溜まり、出口を塞いでしまって起こります。

 

膵臓にとって大きな負担になるのが、暴飲暴食や刺激の強い食べ物、飲み物です。

普段から満腹まで食べている人、アルコールを飲む人は要注意です⚠

 

 

 

以上、膵臓についてでした(^^)

投稿者プロフィール

鳥羽静香
鳥羽静香
前職はアパレル業界のパタンナー。女性を美しく見せるという概念では同じ、“美”というものを違う視点から見て、根本的なところに辿り着き、美容矯正を学び始める。 <セラピストのプロフィールを見る>
TOP