冷たい飲み物・食べ物の気を付けたいこと! 自分で招くむくみや体調不良とは? | 小顔矯正・骨盤矯正・美容矯正トータルサロン オーシャン|Ocean

冷たい飲み物・食べ物の気を付けたいこと! 自分で招くむくみや体調不良とは?

こんにちは、Ocean植草です☺

 

 

今年は猛暑日多くて、朝天気予報を聞くだけでもグッタリしてしまう毎日ですね(-_-;)

暑い日が続き、ついつい冷たい飲み物や食べ物に手を伸ばしがちですが、摂りすぎてはいませんか?

 

 

 

ただでさえエアコンの効いた部屋に長時間いたら体は冷えてしまうのに、更に冷えた物を摂取し続けると・・・

体の内側から冷えて巡りが悪くなったり、むくみに繋がり体調が優れないなんてことも(/_;)

 

 

 

 

また、食べ物でも温度によって味覚が変わるんです!

同じ味でも冷たいと鈍くなり、温かいと感度が良くなります。

すると、冷たい物には濃い味を求めやすくなり、この時期は塩分・糖分を摂りすぎてしまう傾向にあります(>_<)

甘い食べ物も冷たいと味覚が鈍くなるため、砂糖を多く摂取しがちです。。。

 

 

 

こんな経験はないでしょうか?

冷たいジュースや砂糖の入ったお茶の残りを常温で放置し、後で飲んだら冷たい時より甘くて飲めなかった、、(;’∀’)

これは、先程お話しした “温かいと味覚の感度が良くなる” の甘みを強く感じた状態です。

このように冷たい食べ物や飲み物は、体を冷やすだけではなく、知らず知らずのうちに塩分や糖分まで過剰摂取してしまうのです(;´Д`)

 

 

知らないと損することは沢山ありますが、これらを知っていれば自分次第です!!!!

 

 

体は食べた物でできています🍚

食べる物・食べる時間・食べ方で体への影響も変わってきます。

今回は食べ物の温度によっての味覚の変化、塩と砂糖の摂取量についてお話しさせていただきましたが、

次回は食べる物によっての体への影響をお話しさせていただければと思います(^-^)

これを知っていると今までの自分の不調はこれだったのか!?

と思い当たることがあるかもしれません💦

 

 

沢山の食品が売られているからこそ、自分達がきちんと商品を選べる必要があります!

是非賢く買い物をして、健康と美を手に入れましょう(*^-^*)✨

 

 

 

投稿者プロフィール

植草 未央
植草 未央
前職は事務。連日にわたる長時間の残業から自身も体調を崩したことをきっかけに、以前から興味があった美容業界に転職。根本改善にこだわったOceanの技術に惚れ込み、現在は裏方を支えながら修行中!
TOP