内臓機能 ②心臓(血液) | 小顔矯正・骨盤矯正・美容矯正トータルサロン オーシャン|Ocean

内臓機能 ②心臓(血液)

こんにちは!ocean菊川店のトバです(^^)

 

内臓機能の講座第②弾です!!

 

②心臓・血液

皆さんご存知の心臓です。
でも、みなさん本当に心臓の仕組み知ってますか?
知ってる様で意外と知らない事もありますのでまとめてみました✨

 

心臓とは……
簡単にいうとキレイな血液を全身へ送り、汚れた血液を回収して肺に送る働きをしています。

また心臓は右心房、右心室、左心房、左心室の4つの部屋に分かれ、心房は血液を受け取り、心室は血液を送り出す役割をしています。

そして、右は血液を肺に送るポンプ、左は血液を全身に送るポンプとして働いています。

冠状動脈に続いて心臓にも血液が大きく関わってる事がよくわかりますね🤔

 

 

では、この血液についてお話しします🙋‍♀️
血液は体の隅々まで酸素や栄養を送り、二酸化炭素やいらない物質を回収する働きをしています。

 

みなさんの中でも貧血になった事がある方いらっしゃると思います。
この貧血のほとんどは鉄欠乏性貧血といって、鉄分が不足する事によって、体内に酸素を運ぶ役割の、赤血球に含まれるヘモグロビンが減少し、貧血が起こりやすくなるそうです。

 

 

原因は鉄分の摂取不足や妊娠によって必要量が増加し鉄分不足になったり、生理による出血過多、またダイエットによっての過度な偏食も原因になります⚠

その為、男性に比べて女性の方が貧血になりやすいようです😵

 

しかしこの鉄分、食事からしから摂取出来ないんですね〜😭
なので、吸収されやすい鉄と吸収を助ける食べ物をバランス良く摂取する事が大切になってきます‼

 

例えばレバーや貝類は吸収率が高いとされているのですが、動物性の食べ物に偏ってしまっても良くないので、吸収率が低い干しぶどうやプルーンと一緒に吸収を助けるタンパク質やビタミンC、ビタミンBが含まれた食べ物と合わせ、吸収率を上げるという食べ合わせの工夫をすることも大切です☝❗

 

ただ取ればいいというわけではない所が難しいですね💦

 

以上、心臓・血液についてでした😆✨

投稿者プロフィール

鳥羽静香
鳥羽静香
前職はアパレル業界のパタンナー。女性を美しく見せるという概念では同じ、“美”というものを違う視点から見て、根本的なところに辿り着き、美容矯正を学び始める。 <セラピストのプロフィールを見る>
TOP